クレジットカードの不正利用・スキミングについて

- クレジットカードの不正利用・スキミングについて

1位買取ボブ
買取ボブ
2位アマタウン
アマタウン
3位換金エクスプレス
換金エクスプレス

クレジットカードの不正利用・スキミングについて

スキミングの恐ろしさについて


クレジットカード不正利用のなかで、もっとも多いのがスキミングと言われる手口です。
このスキミングをやられると、カード利用者の知らないうちに偽造カードが作られてしまいます。
そうなると、そのカードを使って、利用者の知らないところで買い物などをされてしまうので大変危険です。
では、どうやったらスキミングを防ぐことが出来るのか、そもそもスキミングというのはどういうやり方で行われるのか、そのスキミングの傾向と対策について、これから紹介させていただきます。

具体的なスキミングの手口

スキミングには、大きく分けて2つの手口があります。
ひとつ目は、カードで支払いをする時に、こっそり機械でカードの情報を読み込みスキミングをする手口、もうひとつは、スポーツクラブや銭湯などでロッカーに貴重品を預けた際にスキミングをする手口です。
後者の場合は、常に肌身離さずカードを持っておく、それが難しいところに行く時はカードを持っていかないことで、スキミングを防ぐことが出来ますが、前者の場合は防ぐことが不可能に近いです。
では、スキミングには効果的な対策がないので、もしスキミングされたら運が悪かったと諦めるしかないのでしょうか。
決してそんなことはありません。いくつかの点に気をつけることで、被害にあう確率を大きく下げることが出来るのです。

スキミングにあう確率を下げる方法

スキミング対策でもっとも重要なこと、それは信用できない店ではカードを使わないことです。
基本的にスキミングは、カードを特殊な機械に通して情報を読み込ませることで起こるので、そのチャンスを与えなければ、スキミングは起こらないのです。
なので、初見の店、どういう店なのかよくわからない店、個人経営の店などではカードを使わない方がいいでしょう。
他にも、スキミングされにくいICカードタイプにカードを切り替える、日本より治安の悪い海外ではカードを使わない、といった対策を取ることで、スキミングの被害にあう確率を減らすことが出来ます。

それでもスキミングにあったらどうなるか

こういった対策を施していても、100%完璧にスキミングを防ぐことは出来ません。
では、対策をほどこしても被害にあった場合、被害者はその被害額を全額支払わなくてはいけないのでしょうか。
結論から言うと、そんなことはありません。
スキミングで出た被害は、基本的にカード会社が補填してくれるので、被害者がお金を払う必要はないのです。
ただし、暗証番号が誰にでもわかる番号だったなど、被害者に大きな過失がある場合、会社が損害を補填してくれるとは限りませんので、カードを利用するならその点には気を付けておきましょう。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 誰でも即日!急用な時に便利なクレジットカード現金化を活用しよう! All Rights Reserved.