気になるクレジットカードの仕組みについて!ブランドの違いとは?

- 気になるクレジットカードの仕組みについて!ブランドの違いとは?

1位買取ボブ
買取ボブ
2位アマタウン
アマタウン
3位換金エクスプレス
換金エクスプレス

気になるクレジットカードの仕組みについて!ブランドの違いとは?

どんな国際ブランドがある?

日本で発行できるクレジットカードの国際ブランドは、JCB、VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、inersClubの5つです。
この他にも、中国のブランドUnion Pay(中国銀聯)、アメリカ発のdiscoverがあります。
各ブランドごとに使える加盟店が多い国や地域が異なりますので、新しくカードを発行する際はカードを使うのは主にどこの国でなのか、どのブランドから発行したら良いのか考える必要があります。

日本初の国際ブランドJCB

JCBは7つの国際ブランドのなかで唯一日本生まれのブランドです。
アジア初の国際ブランドでもあり、日本のクレジットカード界の先駆け的存在です。
日本国内の加盟店の多さは、ほかのブランドの追随を許しません。
国内だけでなく、海外190の国と地域で使用できて、加盟店は3000万店近く。
以前は海外に弱いブランドというイメージもありましたが、現在では海外で使う際にJCBが使えなくて不自由することはあまりありません。
初めてカードを作る時のクレジットカード会社選びは、色々な情報を見てから決めましょう。

VISAとMasterCard

VISAは世界シェア第一位、国内ではJCBに次いでシェア第二位の国際ブランドで、MasterCardは世界第二位の国際ブランドです。
MasterCardはヨーロッパに強いというイメージのブランドでしたが、近年はヨーロッパ以外の国や地域にも加盟店を増やしており、アメリカやアジアを始め多くの国や地域で使うことができます。
日本では、VISAが使えるお店はMasterCardも使用できるお店であることがほとんどです。

DinersClubとアメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレスは充実したサービスが特徴のカードブランドで、世界シェア第4位のブランドです。
日本ではMUFJカードやクレディセゾンに発行ライセンスを与えているので、日本国内でアメックスのカードが欲しければこの2社から選ぶことになります。
DinersClubはアメリカを中心に発行されるブランド。
日本では三井住友トラストクラブ株式会社が発行等の各種業務を行っています。
この二つのカードはどちらも審査が厳しく、年会費も高額です。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 誰でも即日!急用な時に便利なクレジットカード現金化を活用しよう! All Rights Reserved.